2016年9月/最新情報

HOME > 最新情報 > アーカイブ > 2016年9月

2016年9月

先進のカプセル内視鏡検査を導入

千葉県では、先駆けとしてカプセル内視鏡(大腸用・小腸用)を新規導入致しました。

超小型カメラ内臓のカプセルを口から飲み込むだけで検査が可能ですので、

体への負担が少ない利点があり、内視鏡検査の選択肢が増えました。

これまで検査を敬遠されていた方も含め、一人でも多くの方が、

体に優しいカプセル内視鏡検査を受けて頂ければ幸いです。

 

検査をおすすめする方

下記の症状にあてはまる方は、受診していただき、お気軽に医師にご相談ください。

  • 血便が出る
  • 便が急に細くなった
  • 大腸がん検診で便潜血陽性といわれた
  • 下痢が続く、便秘が続く、下痢と便秘を繰り返す
  • 下腹部を中心とした痛みや不快感が持続する
  • 症状がなくても大腸がんが心配なので診てほしい
  • 原因不明の下血(胃カメラ 大腸カメラで異常が認められなかった方)

« 2016年8月 | メインページ | アーカイブ | 2016年11月 »

このページのトップへ